ブログ一覧

年の瀬

早いもので、もう12月も5日・・・

あっという間に日々が過ぎていきます。

そして、ここ最近、自宅では喪中のはがきを頂くことが増えてきました。

「え?あの方も・・・?」とショックを受けて、当分動けなくなることもあります。

私自身の年も年ですから、仕方ないのでしょうが。

この時代に生まれ、巡り合う事も奇跡ですし、きっと何かの意味がある事と思っています。

色々な出逢いを無駄にせず、その方の生き方の中に、共感したり、見習いたいと思う事も、たくさんあって、尊敬や感謝の気持ちを持ちながら、ご冥福をお祈りしています。

2019年12月05日

大きくなった

子ども達の遊びの部屋に入っていると、友達同士の関わりやお手伝いの場面も見られて、「大きくなったな~」を実感する事が増えてきました。他の子どもとの比較ではなく、その子の少し前との比較をすると、大きくなったことがわかります。保護者の方にも、それをお伝えすると、とても喜ばれます。

 

モジモジして、困ったことが、なかなか言えなかった子どもさんが、今日は何回もトントンとやって来て「ねー、スケジュールがないんだけど」「ねー、スケジュール、赤色ワークになってるけど、赤色ワーク空いてないんだけど・・・」と。「ホントだ!ごめんごめん」と、すぐに対応してくれて、思いっきりの笑顔。

本当に大きくなったね!

2019年12月03日

子は親の鏡

会報の冬号の「所長だより」を書きながら「子は親の鏡」という詩を思い出して、検索しました。本当に、その通りだと思います。

愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ

 

もう一つ言うならば、愛して育てたら、自分は自分のままでいい、と思う。

愛されている子どもは、安心して色々な事を学ぼうとする。

ーーー今までの経験から、色んなことを感じる詩です。

有名な詩ですからご存知の方も多いでしょうが、関心のある方、ぜひ検索してみてください。

2019年11月30日

家での個別ワーク

この前、お家にお邪魔して、部屋の構造化をさせていただいたお宅から、お家での個別ワークの様子が映像で送られてきました。一言で「素晴らしい!」すごく落ち着いて、お母さんが作られたワークに取り組んでいます。スケジュールカードも使いこなしていて・・・。私たちは、子どもの事を誰より知っている保護者の方から学ぶ気持ちを忘れてはいけないと、TEACCHの研修で聞きました。本当に、そうだと思っています。これからも、子ども達の豊かな発達の為に、一緒に頑張っていきたいな・・・そう思っています。

映像を、ありがとうございました。

2019年11月28日

他の事業所の見学

近頃、放課後等デイサービスや児童発達支援事業所等、見学させていただく機会が増えてきました。

その事業所、事業所によって、さまざまな特徴があり、勉強になる事も多く、刺激的です。

「あ、あれ、うちでもしてみよう!」とか「〇〇ちゃんのワークにいいかもねーーー」とか、星とたんぽぽの子ども達の事を考えて見学をさせていただきました☆

また、色々なところを見学させていただきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

2019年11月27日

前に進む

私事ですが、家のリフォームをするために、お休みごとに家の片付けをしています。

保育園時代に、子どもや保護者の方々からいただいたお手紙がダンボール一杯にありました。私が死んだ時に、そのお手紙を全部入れてもらおうと取っておいたのですが、全部読んで、心の中に記憶として残し、今回は片付ける事にしました。手紙を全部読んでいると、片付けどころではありませんでしたが・・・(笑)私が大切にしてきたものが、そこに表れていて、その時々で、一生懸命だった自分が蘇り、涙が流れてきました。一生懸命、誠心誠意関わる事の大切さを、また感じずにはいられない、そんな身が引き締まる思いです。職種は変わりましたが、大切にしている物は何一つ変わりません。ただ、昨日よりは今日、今日よりは明日・・・少しでも進歩できるように頑張らないと・・・  もちろん後退もしますし、前が見えなくなることだってありますが。気分だけは前向きに、といつも思っています。

こんなにたくさんの方々の応援を受けているんだ、期待を受けているんだ!ということに元気をもらい、私の言動に、涙し、元気を出してくださった方に、今も変わらない私を見てもらうために、いっぽいっぽ頑張っていきます。心の中にしまった数えきれないほどのお手紙を宝物に・・・

2019年11月25日

事業所対象基礎講座(連続)

来年度の事業が、本格的に決まって、講師の先生たちとの日程調整も進んでいます。

・親の会では、先日もお知らせしたとおり、瑠璃真依子さん、そのお母さんによる講演を4月26日(日)岡山勤労者福祉センター5階体育集会室にて行います。9時半~12時を予定していますが時間は変更になる場合があります。

・事業所の支援者を対象にした連続講座は、川崎医療福祉大学 重松孝治先生に年5回 5月21日(木)7月16日(木)9月24日(木)11月19日(木)1月21日(木)に行う予定です。1回目は、岡山市勤労者福祉センター4階です。また、HPで詳しい事はお知らせします。星とたんぽぽの職員対象の研修ですが、うちだけではもったいないので、どうぞご一緒にお勉強しましょう!

・幼稚園、保育園、こども園の先生対象の連続講座は、川崎医療福祉大学の諏訪利明先生に

①幼児期の子どもの特性理解②学習スタイルと園でのストラクチャーティーチング③保護者支援④行事への参加を考える⑤連携 の全5回をお願いしています。日程や会場が決まり次第、このホームページでお知らせします。

発達障害の子ども達の事を、少しでも理解したい、勉強したい!と思われている方々と学び合えることを、とても楽しみにしています。たくさんのご参加をお待ちしています!

2019年11月21日

親の会会場

来年度の親の会の会場が決まりました!

岡山勤労者福祉センターです。

300人入れる会場です!どうぞお誘いあわせの上、お越しください<(_ _)>

2019年11月16日

令和2年 親の会

来年度の親の会の詳細が決まりました!

ある園で講演を聞いたお母さんが「すごく良かったので、もう一度聴きたい」と言われていた「どろだんご」作者で、当事者の瑠璃真依子さんと、そのお母さんにご講演いただく事になりました。

瑠璃さんは、数多くのご講演をされていますが、お母さんに先日メールでお願いしたところ「すごく久しぶりなので心配ですが・・・」とお返事を頂きました。

星とたんぽぽの保護者以外の方も、有料になりますが、ぜひご参加ください。

詳細は、またお知らせします!

2019年11月13日

卒所した子ども達への連絡

先週の土曜日は、小学校の子ども達の発表会だと聞いて、懐かしい卒所した子ども達に電話で近況をお伺いしました。

「自信を持って発表できていました!」「楽しそうに発表してました」・・・と聞いて嬉しくなりました。

たまには遊びに来てくださいね!とお誘いしましたが、こちらが忙しそうなので遠慮してました~と・・・

すみません、気を使わせて・・・ でも、皆の顔を見ると元気になります!

ぜひ、遊びに来てくださーーい! 待ってマー―――ス!

2019年11月11日

いいお天気

最近、良いお天気に恵まれて気持ちがいいですね!

さっきも、お昼を買いに、コンビニまで歩いて行ってきました。

少し歩くと暑いくらいです。でも、いい気持ち・・・

 

さて、来年度は諏訪利明先生に「幼稚園、保育園での支援のいろは」

重松孝治先生に「児童発達支援事業所での支援の基礎」

親の会の一回目には、当事者で「どろだんご」の著者、瑠璃真依子さんと、そのお母さんにお話を頂くことが決まっています。

さぁ。来年度も忙しくなりそうです!

 

2019年11月09日

追い風

私が児童発達支援事業を始めようと色々な手続きに向かった頃、不思議な事に追い風がどんどん吹いてきて、間取り図を書いてくださる建築士さん、消防の関係の設備をしてくださる方、色々な業者の方々とのご縁等があって、スムーズにオープンまで漕ぎつけました。『あぁ、私がしようとしていたことは、間違っていなかったんだな』・・そう思いました。

2019年11月05日

私が児童発達支援事業を始めたわけ

「どうして、先生は、この事業を始められたのですか?」たくさんの方に、そんなご質問を受けるので、今日はそのお話をしようと思います。

「職員紹介」の中でもお知らせしている通り、私は37年間保育園で勤務してきました。その中で自閉症と言われる子ども達とも、たくさん関わってきました。40年近くも前には、その原因や関わりも、わかっていませんでした。けれど、「良い」と言われることは子ども達に取り入れよう!そう思って勉強に行きました。九州の自閉症キャンプも、その一つです。けれど、正直どれも子ども達には合わない・・・

障害があろうとなかろうと、ゴールは一つだと決めつけていた稚拙な当時の私は、一生懸命だけれど多くのたくさんの間違いを、子ども達に強いてきた気がします。

そこからTEACCHに出会い、衝撃を受け、その学びがきっかけとなり、佐々木正美先生を初め、今も私たちの活動を支えて下さる色々な方とのつながりができました。その後、自分の娘も「発達障害」の診断を受け娘は色々な方に支えていただきながら、お陰様で20歳を過ぎました。今まで支えてもらった分、お返しをしないとバチが当たる。一生懸命だったけど、関わり方がわからなかった子ども達への懺悔?の気持ちを込めながら正しい関わりや理解を広めていきたい。我が子を療育に通わせたとき、こんな支援があったら良かった、という事業所を開きたい!・・・そう思っていました。

定年を3年後に控えた時、娘もお陰様で大学生になり、これからは私がしたいように歩ませてもらおう!そう思いました。定年を待って、すると思っていた周りの人たちは、焦ったようですが、定年まで待ってするのは、何だか子ども達に失礼な気がしたのです。止めても聞かない事は、家族もよくわかっていたので、止める事もありませんでした。こうして、立ち上げに向かって行ったのですが、右も左もわからない私にとっては大変な日々でしたが、また、そこは報告します。

2019年11月02日

次年度 コンサルテーション

早くも、来年度のコンサルテーションの話し合いをしています。

コンサルテーションは、今までに引き続き、重松孝治先生ですが、何回、どんな形式で行っていくか?

子ども達の行動を、特性と学習スタイルに合わせて報告をし、それについて強みを生かして、環境を整えてどう支援していくか?自分なりに考えた事を報告し、アドバイスを受けた事を実践してみて、どうか?という評価や今後の課題までも盛り込んでいきたいと思っています。昨年度よりは今年度、今年度よりは来年度・・・少しずつでも前に進めたらいいな・・・と思っています。

2019年10月31日

具体的な事業計画

土曜日の理事との話に基づいて、具体的に、どんな事業をしていくか?これから、職員と話し合いを重ねていきたいと思います。

毎日のウォーキングの40分の中で、邪念を捨て子ども達の為に何が必要か?それを具体的に、どう実行していくか?について考えることができるので、この時間は大切にいしていきたいと考えています。

2019年10月28日

来年度の事業

理事のお一人と、来年度の事業について、じっくりお話をしました。

子ども達の自立の為に、ご家庭で困らないために、何をすべきか?ご家庭に何を入れるべきか?

そして、私たちの研修を、どう進めていくか?コンサルや職員研修を、どうしていくか・・・

したいことは、たくさんあるのですが、なかなか整理できないでいましたが、こうして相談に乗っていただいたり、整理していただく事で、明確に、今、自分がしなくてはいけない事が、わかってきたように感じます。そういう意味でも、理事の存在は、とても頼もしく有難く感じます。

2019年10月26日

ゲームセンターごっこ

今週は、グループワークの中で「ゲームセンターごっこ」をしています。

毎月「クッキング週間」があるのですが、今月は「ゲームセンター」です。友達を応援したり、友達がするのを見て、やり方を知ったり、時間が来たら、コインが余っても、我慢して次の活動に移ったり、指示書を見て、やり方を知ったり、自分で選択をしたり・・・もちろん、一人ひとり課題は違いますが、楽しみながら取り組んでいます。この「楽しみながら」は、とても大切な事ですし、この中では学ぶことも多いように感じます。

2019年10月24日

コンサル

今日は、重松孝治先生のコンサルの日です。

事業所を始める前から、色々と相談に乗って頂いていた重松先生。全8回の事前研修の中では、保育園で長年働いてきた私たちに「保育と療育の違い」から話してくださいました。そして、構造化のアイデアも、私が考えたものを何度かお持ちしてアドバイスを受け、実際に構造化をする時に来ていただいて一緒にしたのをついこの前のように思い出します。

今日は、子ども達の療育を見ていただき、アドバイスを受けます。一生懸命すぎて見えなくなっている事、支援のアイデア、次の課題の設定の仕方・・・本当に、コンサルを通して学ぶことは、たくさんあります。

子ども達の為に、より良い支援を目指して、私たち、これからも歩み続けていきます👣

2019年10月21日

大きな台風

今回の台風は、西日本は大丈夫でしたが、東日本が大変な被害を受けており、ニュースで悲惨な状態を見るたび、心が痛くなります。お亡くなりになられた方のご冥福と、一日も早い復興を祈るばかりです。

私に何ができるんだろう?と災害があるたびに心を寄せてはいますが、なかなかボランティアには行けずじまいで、支援物資や寄付をするくらいしかできていません。

頑張ろう!みんなで・・・

2019年10月15日

運動会

この季節、運動会という大きな行事を終えた子ども達が、事業所にやってきます。

連絡帳にお家の方が様子を書いてくださっています。その中でも嬉しいのは「とても楽しく参加できました」と書かれている事です。

正直、保育園に勤務している時には「みんなと同じように」とか「参加できればOK」みたいな目標を立ててしまっていたことを反省します。

子ども一人ひとりが、目標を持って参加する事。その目標も一人ひとり違って当たり前だと思います。

全員が跳び箱の6段が飛べることが目標ではなく、〇〇君にとっての目標は、跳び箱の上から飛び降りれる事、△△さんにとっては、先生のところまでかけっこできること・・・かも知れません。一人ひとりが今まで頑張っている事をみんなの前で披露することではないか?と思っています。

2019年10月09日

カレンダー配達

カレンダーのお言葉を頂いた方に、お礼のご挨拶に伺っています。

昨日は、愛媛まで行ってきました。

藤岡宏先生です。先生は、このカレンダーを、とても応援して下さり、色々な方に送って、知ってもらいたい、とおっしゃって下さいました。星とたんぽぽの3本目の柱「社会に正しい理解を広める」・・・

このカレンダーにふと目を向けて下さった方の頭の中に、少しでもこの言葉が残ったり、心に少しでも響いてくれたら・・・そんな思いで、もう何年も続けている活動です。

藤岡先生のお言葉には、いつも優しさと愛があります。でも、ぶれない強さもおありです。昨日はお忙しい中2018年に先生が作られたスライドショーをステキな音楽付きで見せていただきました。

懐かしい佐々木先生のお言葉に、涙が止まりませんでした。コツコツと続ける事の大切さ、今の私に、とても響くお言葉でした。

人は、その時、その時 必要な人と出会い、必要な言葉が心に響くのだと。

頑張ろう!そう思えた一日でした。

2019年10月08日

県外からの見学

昨日は、熊本県、山口県からそれぞれ星とたんぽぽへ来ていただきました。

同じ思い、より良い支援を考えていく仲間として、こうして県を越えて繋がっていける事は、とてもありがたい事だと感謝しています。

星とたんぽぽだけでは、限りがありますし、頭打ちをする事もあります。そんな時、視野を広げて、こうして繋がり合えることは、とても嬉しい事です。

これからも、どんどん繋がっていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

2019年10月04日

早くも来年度の講演会決定!

今年度の講演会が、お陰様で大盛況の内に終わりましたが、早くも来年度の講演会の日程と講師が決定しました!

11月1日(日)梅永雄二先生(早稲田大学)をお招きします!

場所、演題については未定です。

決まり次第、ホームページでお知らせします。

2019年10月03日

所内研修

今年度の職員研修の内容は「子どもに合った支援ツールとその再構造化」です。

職員一人ひとりが、PPを使って発表してくれましたが、本当に素晴らしい☆の一言です!

何の為に、このツールが必要で、子どもの強みのこれを生かして作ってみた物の「ここ」に問題があったため、こう作り替えた・・・

次々作り替えたので、途中の物は、映像に録っていません。と言う職員もいましたが、日々悩みながら再構造化を繰り返している姿を知っている私としては、こんな風にまとめると、簡単ですが、ここに至るまでの苦しみを知っているだけに、感慨も深かったです。

何のために、これを作るか?そして子ども達の強み、取り組んだ姿から読み取って、どこを改善して再構造化を進めたか?自分の中でも整理して伝えることは大切な事だと思います。

支援者のとって、子どもが宝のように、私にとっては職員さん全てが「宝」です。

2019年10月01日

講演会お礼

昨日は、星とたんぽぽの講演会「自閉症支援に向かう10の扉」に、たくさんのご参加、本当にありがとうございました。来られた順の指定席という事で、狭く感じられたり、一緒に来られなかったお連れの方と席が離れてしまったりと、ご不便をおかけしました。

でも、正しい理解について皆様と学びを得られたことは、とても良い機会になりました。ご自分なりの扉を考えてみる機会になったかな?とも思います。この正しい理解を3人の方に囁くと、皆さんの理解がどんどん進んでいく・・・本当に、そうだと思います。皆様、どうぞ「理解の扉」という、第一の扉を開けてみませんか?

2019年09月28日

今日は講演会

いよいよ今日は、年に一度の講演会です。お天気が悪いので、皆様お気をつけてお越しください。

今日まで、参加の連絡があり、諏訪先生の人気の高さを感じています。

皆様にとって、良い学びとなりますように、私どもスタッフ、頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

2019年09月27日

私を支えてくれる人

事業を開始してから、色々な悩みがあります。新しい事を始めるのですから当然です。けれど、悩んだ時、迷ったとき、相談できてありがたい助言を頂ける方がたくさんいて、幸せだなぁ、と思いますし、感謝もしています。先日も、悩みを相談したところ「今、アメリカなんだけど・・・」と、それでもありがたい助言をいただき、アメリカからの助言は、いつも以上にありがたみがあって・・・(笑)

こうして支えて下さる方がいるお陰で、何とか、頑張っていられます。これからも、皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

2019年09月26日

癒し

3連休の内2日は、仕事に出ていたり、主人の仕事や娘のバイトで昨日は本当に久しぶりに家族が揃いました。で、動物園に行きました!動物たちの目を見ていると、すごく癒されます。また、頑張ろうと思えました!こういう時間も大切ですね・・・

2019年09月24日

カレンダー2020届きました!

20190918_083750

昨日、来年のカレンダーが400冊届きました!手作り感満載の、すごくかわいいカレンダーです!

先生方のお言葉も、深く心にジーーーーンと来ます!

1,000円の寄付で一冊、もうすでに150冊のご予約を頂いていますので、残り250冊。

講演会会場にも置いておりますが、講演会に来られない方、電話でお受けします。086-236-8809 です。

取りに来てくださる方に限りますが、お早めにどうぞ・・・

写真が縦になりません(-_-;)ごめんなさい<(_ _)>

2019年09月18日

講演まで10日

諏訪利明先生の講演まで、あと10日になりました。諏訪先生からは、資料も送られてきて「うわ~、こういう内容のお話は、初めてだな♡」とワクワクドキドキしています。

300人は入れる会場で、まだ余裕がありますから、どうぞ皆様お越しください。

かわいいネズミのカレンダーも置いています。1,000円の寄付で一冊進呈!早い者勝ちですよ!昨年度は数が足らず、100冊増刷しましたが、お早めにどうぞ・・・講演会会場以外では、事業所まで来てくださる方にしかお渡しできないので、ぜひ会場で、よろしくお願いいたします<(_ _)>

2019年09月17日

職員面接

現在、ここに籍を置いている職員さんの面接を順番に行っています。

楽しい事は何か?やりがいだと感じることは?

その上で課題としたら?将来の夢は・・・?

仕事だけではなく、こうやって色々な事を話している内に、自分の中で日頃思っている事や不満や、反省が出てきたり、改善策が出てきたり。

なかなか日々の忙しさで時間が取れませんが、時間を作って、こうして一人ひとりと向き合う事の大切さを感じています。

2019年09月14日

毎日のウォーキング

私は、毎日夕飯を食べた後、ウォーキングに出かけ、40分ほど歩いて帰る事が日課になっています。雨の日はお休み、と自分で決めています。途中何回か中断したことはありますが、何年も続いています。

歩いていると、虫の声が夏の虫から秋の虫に変わる事や、季節の匂いを感じられることが魅力の一つです。ほんのりバラの香りを感じていたのに、今は、もう柿や菊の香りを感じるようになりました。こんなに暑くても確実に季節は移っているんだという事を感じます。そして、もう一つの魅力は、完全に一人で自分に向かい合うことができる事でしょうか・・・ 事業所に通う子ども達の事、職員の事、時には、頼まれている講演会の内容をブツブツしゃべりながら歩いている事もあります。

よく、ご夫婦で仲良く歩いておられる方を見かけます。防犯上、それが良いのでしょうが、私は、この時間を「自分の時間」として大切にしたいので、一人で歩くと決めています。整理統合の苦手な頭の中も、この時間を持つことで、少しスッキリします(笑)

皆さんも、ウォーキング始めてみませんか???

2019年09月12日

コンサル

image2

昨日は川崎医療福祉大学の小田桐先生をお迎えしてのコンサルでした。前半は、子ども達の療育を見てもらって、専門的な立場からの指導、後半は、今年度のテーマであるPEP(自閉症・発達障害児 教育診断検査)

の取り方について、二人一組で検査者と子どもになって、実際に検査道具を使って交代で検査をする体験をしてみました。この体験が、とっても楽しい!

これからは、実際に検査を取っている映像を見たり、事業所で実際に検査を取る場面を見せてもらったり、職員が取ったりしながら、それを、どう支援の中に生かしていくか?と進んでいきたいと思います。

こうして、一歩ずつ、子どもの事を理解できる支援者でありたいと思っています。

2019年09月11日

令和元年度 第2回 親の会

昨日、今年度2回目の親の会が御南西公民館で行われました。

お父さんも4人参加してくださって、12名。日頃の悩みをみんなで話し合ったり、家で構造化や視覚支援をして、子どもさんが落ち着いたという実践発表など、本当に中身の濃い、よい時間となりました。

星とたんぽぽの3本の柱の2番目、横、縦の連携というところでは、保護者の方と、しっかり繋がって、誰よりもご家族の方が、我が子の事を理解している、という関係がベストだと思います。毎日の療育が終わっての15分の保護者とのお話の中でも、ワークのこれは〇でした、△でした、×でした。という報告ではなく、子どもさんの強みを、どう生かしていくか?苦手な事には、どんな工夫が必要か?等、子どもさんの学習スタイルや、できる工夫等を話し合ってほしいと、先生たちにはお願いをしています。

実践発表してくださった方も、家でされ始めた事を私は知らず、子どもさんが、とても落ち着いてきた事で「〇〇君、最近、すごく落ち着いてきて課題にも意欲的に取り組めてるよね」と言ったら、担当の先生が「星とたんぽぽで有効な事を、お家でもされ始めたのです」と教えてくれました。もう一つステキだな♡と思ったのは、寝る前に、お母さんと〇〇君が、良かったことや、これは良くなかったけど、ごめんね!と話し合う時間を持ったそうです。いくら親でも大人でも、間違える事や反省する事は、たくさんあって、それを隠したり、寝顔に「ごめんね」と呟くのでなく、本人にキッチリ伝える。とても素敵な事だと思いました。

心がホッコリと温かくなる会でした。皆さん、本当にありがとうございました。

そうそう、ご家族の方から「私たちが、自閉症について勉強しないといけない、と強く思いました」というご意見もいただいて、心強く思っています。一緒に勉強していきましょうね!

ありがとうございました!!

2019年09月09日

計画のストップ

7月に私がケガをして入院したことで、第二事業所の計画がストップしています。申し訳ありません。私たちの目的は、事業を広げることではなく、よりよい支援を継続し、高めていく事・・・その初心に帰り、いつになるか、わかりませんが、広げても理念がきちんと守られる、より良い支援を継続できる、と自信を持てる時まで・・・今しばらく第二事業所の開所はお待ちください。

2019年09月03日

講演会へのお誘い

星とたんぽぽでは、3本の柱の3番目「社会に正しい理解を広める」という活動の為、年に一度講演会を開いています。9月27日金曜日 18時半から21時まで 岡山市のさん太ホールで川崎医療福祉大学の諏訪利明先生をお迎えして「自閉症支援の10の扉」という演題でお話しいただきます。

一般1,000円 賛助会員様800円! 安い!

この金額で、諏訪先生のお話が聴けるなんて・・・!しかも、さん太ホール!

これは、聴かないという選択はありませんよ!

今までにも、たくさんのお申し込みをいただいておりますが、広い会場ですから、まだまだお席に余裕がございます。皆様お誘いあわせの上、ご参加ください!

また、当日、1,000円以上の寄付をしてくださった方には、かわいいカレンダーを進呈します!

昨年度、大人気で数が足らなかったので、今年度は増刷をしていますが、お早めに、どうぞ・・・

会場でお会いできることを、楽しみにしています!

2019年09月02日

本格復帰

約一か月の間ケガでお休みをさせていただいておりましたが、本日より本格復帰をさせていただいております。留守の間には、色々ご心配、ご迷惑をおかけし、本当に申し訳ございませんでした。

本格的に、と申しましても、まだ手は思うように使えませんし、できないことも、たくさんありますので、ボチボチ・・・始めてまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

2019年08月30日

当たり前にできていたことの幸せ

今回、右腕の骨を2か所折り、ボルトで止め、痛みはお陰様で少なくなりましたが、今まで当たり前にできていたことが、できなくなり、特に利き腕。何をするにも不自由で、「あれ?これもできないんだ!」と、再発見する事もしばしば・・・💦

当たり前にできていたことを感謝するとともに、リハビリの時に、少しの変化も褒めて下さる先生に大切な事を学んでいるような気がします。「出来て当たり前」・・・知らず知らずのうちに、そんな風に思っていたかも・・・???

これから、老いていく自分には、できない事を再発見する事も増えてくると思いますが、できない中でもできる事を見つけ、違う方法を試してみる。大切な事なんだな、と思います。

起こる事には意味がある!色々な事に気づかされる毎日です。

2019年08月27日

久しぶりの仕事

約1っか月ぶりに復帰してまいりました!

子ども達から、もらえる元気はスゴイ!

やっぱり、いいなぁ~と感じています。

ボチボチですが、お仕事再開!

皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

2019年08月23日

ご無沙汰しています

私事、7月20日に道路で転び、鼻の骨と腕の骨を二か所骨折し、手術と、ついこの前まで入院しておりました。あまりにも突然のことで、皆様には、急にブログが更新できなくなり、ご心配をおかけしましたことをお詫びいたします。現在は自宅療養とリハビリを続け、少しでも元の生活の戻れるよう頑張っているところであります。ぼちぼち復帰に向けて頑張りたいと思いますので、もう少しご理解、ご協力を頂けますようお願い申し上げます。

2019年08月17日

見学

事業所には日々色々な方が見学にいらっしゃいます。入所希望の方、子ども達が通っている園の先生、就職希望の方、そして、事業所では、どんな指導をしているのか?を知るために、幼稚園や保育園の先生方、他の事業所の方々・・・

子ども達は見学も慣れっこで「こんにちは!」と明るく声をかけ、「すごいね!ちゃんとご挨拶出来て」と褒められて嬉しそうです。

こうして知っていただく事が理解への第一歩だと思っています。

2019年07月19日

「今日も嫌がらせ弁当」見てきました

昨日、映画「今日も嫌がらせ弁当」を見てきました。

笑いあり、涙あり・・・

お母さん方が多いのかな?と思って行ったら、男性の方もお一人でけっこう来られていました。ビックリ!

 

私が、よく言う「親の3つの顔」の内、「横顔」そのものですね。

直接関わるのではないけれど、子どもの事を考えながら、親が一生懸命何かに向かう姿。

私の大好きな倉橋惣藏さんの「親の3つの顔」の中

「真向きの顔」-親が直接子どもと関わる姿ー

「横顔」直接は関わらないが。子どもの事を考えながら、親が一生懸命何かに向かう姿ー♩母さんは夜なべして手袋あんでくれた~♩や。今回の嫌がらせ弁当、そしてヨイトマケのように♩坊やのためならエンヤコラ♩と、男衆に混ざって真っ黒になりながら働く姿、

そして3つ目の「後姿」-親の人生観や、価値観そのものーこの3つの姿を見て大きくなる。本当に、そうだな。とまた考えさせられた映画でした。

時々、子どものため、と思いながら始めた事が、子どもの事ではなく、自分の達成感や自分主体となっていて・・・あら?失礼<(_ _)>と思う事ありますが・・・

日々。子どもと共に成長です👣

2019年07月12日

令和元年度 寄付 賛助会費御礼

皆様に封書でお願いをしておりました、寄付、賛助会費6月末までとなっておりました。

今までに引き続き、応援して下さる方々の継続のお振り込み、とてもありがたく感謝申し上げます。

来年度には、新しい事業所も開所したいと考えております。

新たな寄付、賛助会員お申し込みは一年中、いつでもお受けしておりますので、当法人を応援して下さる方どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

また、お忙しくて、なかなか銀行に行けない方、遅れても構いません、引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます<(_ _)>

2019年07月11日

石村嘉成展

20190708_165712

昨日、新居浜まで版画と絵画を見に行ってきました。躍動感あふれる素晴らしい作品で、色使いもすごい!見る人へ元気をくれるような作品の数々でした☆彡

自閉症の青年の作品です。

目が、とても優しく、そして青年の目も優しかった・・・

サインを書いていただきました。いつか、星とたんぽぽの版画も作っていただきたい♡と思いました!

思い切りファンになりました!

2019年07月08日

やっと直った

このところ、パソコンの調子が悪く、ネットに繋がったり繋がらなかったり・・・💦

電話回線の調子が悪かったようで、やっと業者が来てくれ直りました。

毎日、ブログも更新していましたがアップできず、本当にすみませんm(__)m

まとめて読んでください!

2019年07月05日

講演会

今日は、地域の民生委員さん、児童委員さんに「保護者との連携」についてお話させていただく講演会の日でした。

いつものように、パワーポイントもない言葉だけの1時間半💦

ちゃんと喋れるのかなぁ?と不安な中、しゃべりだすと止まらないのが私の特性・・・

気が付くと10分前(笑)

本題に沿って喋れたのかなぁ?と少し不安ですが、皆様、真剣にお話を聞いていただき、時々涙ぐんでいただき、頷いていただき、前からお一人お一人のお顔も、良く見えて、有意義な時間を過ごさせていただきました。

お話させていただいた中で、保護者に「親なら、するのが当然」と思う事は通用しない。やっぱり一緒にやっていく事、して見せる事、教えてあげる事、そして「できたね!」と褒めてあげる事、それが大切だと思っています。

2019年07月04日

一緒に遊ぶ

子ども達と遊びの部屋にいて、一緒に遊ぶことが楽しい!と感じたとき、子ども達の笑顔は最高です。中学の時将来保母さんになりたいという私に、ある男の友達が「保母さんになるなら、何かを教えることよりも、泥にまみれて一緒に遊ぶこと」と、メッセージを書いてくれたのを見て「うわっ、おじさんみたい」と思ったことを昨日のことのように思い出します。それから、保母になって37年、これが、どんなに難しい事だったか知らされることとなります。いっしょに遊んでいても「〇〇してあげてる」だし、上から目線で子どもを見ている事も多く、子どもと一緒に遊ぶことは、なかなかできませんでした。彼は、将来お寺のお坊さんになられましたが、これは永遠の課題だと思っています。

保育園時代、たくさんの実習生とお話する機会がありましたが、その実習生の皆さんにも、このお話をさせてもらいました。

私も子どもの頃、忙しい父が一度だけ、私と本気でバドミントンをしてくれたことがあります。本気のラケットが、私の口に当たり、私のぐらついていた歯が抜けて、泣きそうなくらい痛かったのですが、ここで泣いてしまっては、この楽しい時間が終わってしまう、と我慢したことを覚えています。

親が一緒に楽しんでいる、共感しながら笑いあう、この経験は、あれから50年以上たった今でも宝物のように覚えています。

2019年07月03日

もう少しで終わりの園訪問

園訪問も、あと2園を残すばかりとなりました。

毎日、毎日よく行ったな・・・

毎年、この時期は大変ではありますが、様子を見せてもらって、担任の先生と、より良い支援について話し合える時は本当に幸せだなぁ~と思います。

ずっと『こんな支援があったらな・・・』と思い続けた事が現実になる。ステキな事ですね。

園だけが頑張っても、療育だけが頑張っても、家庭だけが頑張っても、ダメなんです。それぞれが、きちんと役割を持って、同じ方向を向いていく事。これが何より大切だと思っています。

子ども達の自立となる園の仕上げの状況を見ながら、また療育にフィードバックする。構造化された中でできる事は達成だとは思っていません。子ども達が、普通に生活する中で、できる事を目指しています。ですから、園での姿を参考に、支援を組み立て直すこともあります。園の先生とお話しするときも、事業所で確立している有効な事を具体的に話したり、それぞれの役割について話し合ったり1時間足らずの時間ですが、本当に有意義だと感じています。お忙しい中、快く、見学を受け入れて下さった園の関係者の皆さま、本当に、ありがとうございました。また、事業所の方にも、ぜひ見学にいらしてください。お待ちしています<(_ _)>

2019年07月02日

私の「夢」の一つに、北海道の植松電機の社長、植松努さんを講演会にお呼びしたい、ということがあります。植松さんは、下町ロケットのモデルになられた方ですが、「思うは招く」夢をあきらめない・・・だったら、こうしてみたら?という、とても前向きなお話で、元気がなくなった時は、いつも、この講演をYouTubeで見ています。

保護者の方、教育者、支援者みんなで、このお話を聴いていただき、子どもの夢を応援してほしいと思います。

ネットで、7月に京都で先生のご講演があるのを見て、早速申し込みました。実際にお聴きして、感じてこようと思っています。

また、どうだったか、ご報告しますね!

興味のある方、「植松努」で検索してみてください!YouTubeの「思うは招く」の講演画像も感動ですよ!

私の夢も「思いは招く」・・・

2019年07月01日

嬉しい報告

私は現在、星とたんぽぽに通っている子ども達の園訪問が、ほとんど毎日入っており、事業所にいることが少ない中、帰ってくると職員が「今日〇〇君が、左から右の手順がわかって、できたんです!映像を撮っているので、見て下さい!」と、見せてくれます。きちんと課題がわかって、できるようになった子ども達にも感動ですが、それを我が事のように喜んでいる職員を見ることも、この上ない喜びです♡

2019年06月28日

職員は宝物

昨日、ある園に訪問に行ったとき、自分の担当の子どもさんの為に「K君の強み」と「弱みに対する環境や対応」をA4の紙にびっしり書いて、現在事業所で行っている支援の中で、大切にしている事、達成できている事、今頑張って取り組んでいる事・・・等を写真や図にまとめて説明しながら担任の先生に渡している姿を見て、本当に感謝をしました。星とたんぽぽに通っている子ども達は、本当に幸せだと思います。担当のT先生と園訪問を終えて帰りながら、何が先生のその元気になる?という話の中で、「週に一度の職員会議で緊張して色々考え、その後のランチの雑談の中に色々な気づきがあり、やってみよう!と思うのです。子ども達に、その支援が合った時、この上ない喜びを感じます」と・・・私も、こういう職員から刺激や元気をもらえるのです。

 

そして夜は、8月に発表させていただく発達障害者支援センターの方々との打ち合わせでしたが、星とたんぽぽでしている支援を発表してください、とのことでしたので、まだ2年の星とたんぽぽですが、こうした職員がいるという事も、本当に財産だということも発表させて頂こうと思っています。支援ツールも、たくさん発表してください、と言われましたが、これはオーダーメイドなので、子ども達に合うように再構造化(作り直し)を繰り返していて、職人気質の職員たちは、発表を視野に入れてはないので惜しげもなく壊していくので、画像に残していないのが残念ですが、また、こうした『私たちが向かっているのは、子どもです‼』という信念を持って向かってくれるのは、ある意味頼もしいです!

2019年06月27日

講演会打ち合わせ

8月の講演会に向けて、今日は重松先生と打ち合わせです。

せっかく来ていただける皆様が、少しでも「来てよかった」と思ってくださるように、一生懸命考えたいと思います。

「何を」「どのように」伝えたいのか?整理したいと思っています。

本当に早いもので、7月3日で丸2年を迎えます。

準備をしている時に、ある方から言われた「理念を大切に!」・・

その時は、正直よくわかりませんでしたが、現在は全てそこに帰る事を実感しています。

最近では、新しく事業所を開かれる方に「理念が大切よ」という自分がいます。

2019年06月25日

梅雨入り?

なかなか中国地方は梅雨に入りませんが、さっきからスゴイ勢いで雨が降り始めました☔

そろそろ梅雨入り・・・?

事業所に遠くから通ってくれている子ども達に、雨は気の毒ですが、事故のないように、と祈るばかりです。

 

2019年06月22日

支援ツール

星とたんぽぽでは、支援計画や、子ども達の評価により、色々な支援ツールを、先生たちが手作りで作ってくれています。合わなければ、すぐ再構造化!・・・本当に感心します。

その中で、お弁当のゴムがなかなかできない子どもさんに色々作って試してみたけど、なかなかヒットするものがない💦

私は、夜3キロほどのウォーキングに毎日出かけていますが、この時間が1人になって色々と考えられる時間です。その子どもさんの事を考え、色々なアイデアが浮かびます。アイデアが浮かんだ時に、担当の先生に伝えて作ってもらう。それがヒットした時は、例えようのない嬉しさです♡

それを、ご家庭や園と共有しながら、子どもの本当の自立を目指していく。改めて、やりがいのあるいい仕事だなぁ、と思います。

2019年06月21日

嬉しいお便り

20190620_164100

お父さんのお仕事の転勤で転居のため星とたんぽぽを退所した子どもさんのお母さんから、とても嬉しいお便りが届きました!

近況と共に、楽しそうな成長した写真が添えられています。

2歳で、この事業所を訪れたとき、玄関を指さしながら泣いて泣いて、当分療育にならなかった事を昨日のように思い出します。正直2歳からの療育は無理だったのかも?と思ったこともありました。それが、ある時パタッと泣くのをやめ、声を上げて笑ったり、ワークにも積極的に取り組んで「できたね!」と喜び合う事も増えてきて、いろんなことに自信をつけていくのが、表情を見ていても、よくわかりました。新しい場所でも、幼稚園に通って、楽しく過ごしている姿が写真からうかがえます。とっても嬉しくて、声を出して先生たちに聞いてもらいました。また、じっくり読み返して涙しようと思っています。子ども達の成長、そして笑顔は、何より私たちの元気になります!ありがとう~   また、会える日を楽しみにしています!

2019年06月20日

第2事業所に向けて

そろそろ、物件探しが始まっています。第2事業所を心待ちにしてくださっている方々が協力して、探してくださっています。本当にありがたい事だと感謝しています<(_ _)>

物件も人も『縁』ですから、結ばれる時にはトントン拍子。縁がない時には全く進みません。

トントン拍子と言えば、ここの事業所も初め全くなくて、なくて・・・どれだけ足を運んでもまとまらず💦けれど、本当にまとまる時は、トントン拍子・・・不思議ですね!

トントン拍子と言えば、私がTEACCHの見学にノースカロライナに行きたいな、と思っていた時、5月の連休に格安の航空チケットが手に入り、アメリカに住んでいる友達のご主人に案内していただける日にちが合い、仲介して下さる方と、うまく連絡が取れ、無謀にも個人でノースカロライナ見学を果たしたという(*_*)本当に縁があるとは、こういうことなのでしょうね。

第2事業所も、どこかにご縁があると信じて、頑張ります!

2019年06月19日

賛助会員更新のお願い

賛助会員様には、更新のお願いのお手紙が行っていると思いますが、更新の時期になりました。もうすでに更新のお振り込みを確認させて頂いている方もいらっしゃいますが、まだ・・・の方は、今月中に、よろしくお願い申し上げます。

また、まだ、賛助会員になっていないけど、賛助会員になって応援したい!と言って下さる方大歓迎です!

↑の「寄付と賛助会員のお願い」を開いていただいて、ぜひ私たちの活動を応援して下さい<(_ _)>

通所希望の方が多く、日々お断りをする事が多く、心苦しい思いです。来年度には、新しい事業所を・・・とも思っております。どうか、私たちの活動を一緒に応援して下さい!寄付は一年中、いつでも受け付けております。どうぞよろしくお願いいたします。

2019年06月17日

カレンダーの写真撮影

今日はカメラマンさんと、壁面の専門の方に来ていただき、来年のカレンダー撮影をしました。ネズミ年なので、紙粘土で作ったネズミが毎回登場します!可愛い♡ですよ!お楽しみに・・・

2019年06月14日

カレンダーに載せる言葉

来年のカレンダーに載せることばを各先生方にお願いをしていますが『あぁ、そうだなぁ~』と思うお言葉をたくさんお寄せいただいています。そのお言葉を一つ一つ読みながら考えた事があります。

 

~人って、みんな違う。違って当たり前、だって、遺伝子も環境も違うんですもの。それを違うという事でいじめの対象にしたり、仲間外れにしたり・・・悲しいな・・・って。

同じことが一つあるとすると、それは、人はみんな幸せになる権利を持って生まれてきていることです。もちろん、幸せの価値感は一人ひとり違うから、その人が「幸せ」と思う人生を歩んでほしいと思っています。私自身も、死ぬときに「あぁ、幸せな人生だったな」と思うために、私が主役の私の人生を、いかに生きるか?を日々考えています。しないで後悔するより、して失敗して立ち直る方が私らしい!そう思って色々な事にチャレンジしています。「変わってるよな!」小さいころから何十回、いえ何百回言われてきた事でしょう・・・変わってて結構!変わってないとできない事を精一杯!(笑)

2019年06月13日

カレンダー準備

毎年ご好評を頂いている「星とたんぽぽ カレンダー」ですが、もうすでに来年に向けての準備が始まっています。

今年は、講演会の時期が9月と早いので、それに間に合うように準備を進めています。

いつもと少し趣向を変えて、ネズミの可愛いカレンダーが出来上がりそうです。もちろん、先生方のお言葉も入ります。

1,000円以上の寄付で一冊進呈となっております!どうぞお楽しみに♡

(昨年は300用意したカレンダーが足らないほどでした。どうぞお早めに・・・)

2019年06月10日

園の先生たちとの話し合い

毎日、子ども達の通う園に園訪問にお邪魔して園での姿を見せていただいた後、園長先生や担任の先生とお話する時間を設けていただいています。お忙しい時にお時間を頂いて、本当に、ありがとうございます。

園と事業所での共通意識、役割分担等、話していたら、すぐ時間が経ってしまいます。けれど、子ども達の事を一番に考え、どう理解し、どう支援する事が大切なのか?関わりを統一する事が何より大切だと考えています。もちろん、家庭でも・・・

子ども達に関わる全ての人たちが、同じ方向を向いて歩んでいく事の大切さを、ひしひしと感じる今日この頃です。これから訪問させていただく園の先生方、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2019年06月07日

あつーーーい

6月になったばかりなのに、連日のこの暑さは、こたえますねーーー💦

エアコンで調節していますが、それでも頭から汗をかいている子どもさんもいます。

私たちも、ついつい集中力が切れがちになります。

そろそろ梅雨に入るころですね。金曜日頃からは、雨マークがついています。雨でも降ったら、この暑さもひと段落するのでしょうか?皆様、体調を崩さないように、元気で、この暑さを乗り切りましょう!

2019年06月05日

重松孝治先生 コンサル

令和元年初めての重松先生のコンサルテーションがありました。6人の子どもさんの療育を見ていただいてひとりひとりご指導を頂きました。「なるほど・・・」「そうか!」というヒントをたくさんいただき、さらなる「やる気」が出てきました!重松先生の指導は、実際に動いて関わって教えて下さるので、わかりやすいです。そして、子ども達の評価を元に作った支援ツールを見ていただきました。「すごいねーーーー」「これを作ろうという元気は、どこから来るの?」と褒めていただき、職員さらなる意欲に燃えております(笑) 頑張るぞーーーーーー!

2019年06月04日

週に一度の職員会議

毎週火曜日の午前中は、子ども達に45分早く登所してもらって、お昼の時間を利用して毎週「職員会議」をしています。今日の内容は、クッキングのねらいや反省。来月の内容。そして金曜日にあった小田桐早苗先生のコンサルでの反省、気づき等についても話し合いました。もう一度、子ども達をしっかり観察、評価し、めばえから関わる事の大切さや、エビデンスに基づいた評価など、確認し合いました。

今年度は、職員研修でPEPを学び合うので、エビデンスに基づいた評価に繋げていきたいと思います。

2019年05月28日

ホームページの効果

このホームページに職員募集のお知らせを載せていたら「ホームページ見ました!」と、ご希望の方がいらっしゃいました!

理念にとても共感したので・・・と嬉しいお言葉も。ありがとうございます<(_ _)>

こうしてお伝えする事の大切さも、日々感じている今日この頃です。

まだ、募集していますよ!

2019年05月23日

園訪問

5月、6月、7月、と、星とたんぽぽに通っている子ども達の園に順番にお邪魔して、園での様子を見て担任の先生や支援担当の先生とお話しする機会をいただいて、療育の参考にさせていただいています。

療育で見る姿とは、また違った姿が、そこにはあって、支援の仕方を考え直すこともあります。何より大切なのは、子どもを真ん中に置いて、みんなが共通意識を持って関わる事だと思っています。

園の先生方、お忙しい中お時間を作っていただき、本当にありがとうございます<(_ _)>

中には「こうした支援会議をまた開いてくれますか?」と尋ねて下さる先生もいて、感謝です。

子ども達の豊かな育ちの為に、みんなで手を取り合って頑張りましょう!

2019年05月22日

理事会 総会

昨日、無事に令和元年度総会が終了しました。星とたんぽぽの主な活動、予算、決算、色々な事を皆さんに知っていただくため、一生懸命準備をし、終了して、本当にホッとしました。子ども達の為に、保護者の方々の為に、計画したことが、きちんと遂行されるよう、日々頑張っていくだけです。

会員の皆様、理事の皆さま、ありがとうございました。

星とたんぽぽ、これからも皆様の応援を受けて頑張り続けます!

2019年05月20日

第一回 親の会

令和元年第一回親の会が、重松孝治先生をお招きして興除公民館で行われました。45名の保護者や園の先生方が来てくださり、発達障がいの特性、そしてその理解と関わりについて2時間お話をお聴きしました。

定型発達の子どもとは違うスピードや道筋だけど、育つ子ども達なんだよ!悪いところばかりを指摘するのではなく、いい時に褒める事を忘れてはいけない、他の子ども達の課題を少し細分化して褒めていく、など豊かに大きくなるために必要な具体的なお話を、たくさんお聴きすることができました。また、感想等載せていきたいと思います。重松先生、来てくださった方々、ありがとうございました。

2019年05月13日

長いお休みが終わって・・・

今までに経験した事の無いような長いお休みが終わって、子ども達は、また不安で泣くかしら?の心配をよそに、みんな笑顔で登所して来ました。嬉しいことです。

 さて、今度の日曜日の親の会、重松先生の勉強会には、まだ十分空きがあります。発達障害の特性と、その関わりについて、基本的なところを2時間お話ししていただきます。私たちも、常に基本に返る事は大切な事だと思っています。星とたんぽぽの保護者以外の方は、1,000円必要ですが、一緒に勉強しましょう!お待ちしています。

2019年05月07日

事業計画

今年度の事業計画、予算案を立てる時期になりました。星とたんぽぽの大切にしている3つの柱の中で何を具体的にしていくか?考える事は、大変ですが楽しみでもあります。こんな講演会にしたいな・・・どんな勉強会が身になるかしら???と計画したことが実行できる事も楽しみです♡

今年度の講演会は、諏訪利明先生です。

勉強会はPEP

そして、研修にも、たくさん参加します。PECSは、職員全員が受けれるように、そして、トレセミにも参加する事になりました。佐賀まで行きます!

色々な学びを、子ども達に返していく。それが私たちの使命です!

より良い支援の為に・・・

2019年04月25日

嬉しいお手紙

image1

小学一年生の子ども達が次々、制服姿を見せにやって来てくれています。

私たちが嬉しいのは、子ども達の笑顔と、お手紙です♡

今日も、こんな嬉しいお手紙を頂きました。

感謝です・・・

2019年04月23日

今年度初のクッキング

4月のクッキングは「サンドイッチ」

いちごジャム、バナナクリーム、チョコレートクリームの中から一種類、好きなものを選んではさむのですが、中にはクッキング初めての子どもさんもいて、ワクワクドキドキ♡

自分で好きな味を選ぶ、手順表に従って一人でする、わからないところは聞いたり手伝ってもらう、クリームやジャムの適量を知る、端から端までまんべんなく塗る・・・・一人ひとり目標は違いますが、簡単な事でも「一人でできる!」事から自信に繋げていきたいと思っています。

2019年04月23日

園訪問

来月から、星とたんぽぽに通っている子どもさんの園にお邪魔させていただきます。一日一園ですから、かなりの期間が必要だと思っています。保育園、幼稚園、子ども園さんも年度が替わり、とてもお忙しい事は重々承知で、子ども達の理解の為に、ご協力を、よろしくお願いいたします。また、おうちの方を通じて依頼文を届けますので、ご都合の良い日にち等をお知らせください。調整して、ご連絡いたします。

また、園の方からも、見学にいらっしゃっています。星とたんぽぽは、子どもさんの理解を広めるためなら、いつでも見学OKですので、どうぞ来てください。お待ちしています。

2019年04月19日

お尋ね

5月12日の第1回親の会 重松先生の勉強会への参加申し込みが届いております。ありがとうございます。

1枚、FAXの中で、裏面で送って下さった方がいます。電話番号も非通知になっていましたので、こちらからもご連絡ができません。すみませんが、もしかして・・・・と思われる方、ご連絡をお願いします。

2019年04月18日

第1回 親の会

今年度初めての「親の会」を、5月12日興除公民館で、川崎医療福祉大学の重松孝治先生をお招きして行います。星とたんぽぽの保護者(卒所の方も含みます)の方は無料です。

一般の方は1,000円になっていますが、発達障害の特性と理解のお話が聞ける、いいチャンスです。詳しくは、トップページの 「令和元年 第1回親の会について」をご覧ください!

会場でお会いできることを楽しみにしています。

2019年04月15日

少し大きな制服

「こんにちは!」何人かの子ども達が、ピカピカのランドセルと少し大きめの制服を着て遊びに来てくれました。少し緊張の名残と、無事に入学式を終えた安堵感とが感じられ、こちらまで「ホッ」と心が温かくなります。「おめでとう!」と一緒に写真を撮りました。数日の間に、何だか、とっても大きくしっかりしたように見えます。これは、ランドセルや制服効果でしょうか?・・・いえいえ、きっと自信を持って巣立っていったからだと思います♡

これからも、遊びに来てね!待ってます。

2019年04月12日

入学式

今日は岡山市の入学式です。

快晴☀

子ども達の門出をお祝いしているようです💐

少し大きめな制服で、体にしては大きなランドセルを背負った、はにかんだような笑顔の一人ひとりの子ども達が目に浮かぶようです。

おめでとう!

今日は、何人の子ども達が、制服姿を見せに来てくれるでしょうか・・・?

楽しみに待っています!

2019年04月11日

落ち着く新入児 少し不安な継続児

回を重ねるごとに、落ち着いてくる新入児と、担当が変わったり、お友達が変わった事により、少し不安になる継続児・・・ 昨年度は5歳児が多かったので約半分の子ども達が入れ替わりました。新入児は慣れるまで少し早いお迎えだったり・・・支援やツールは、そのままのつもりだけど。少しの変化も敏感に感じ取る子ども達。

ゆったりと関わっていきたいな、と思います。

2019年04月09日

2回目は笑顔

初めての療育で不安で泣けたお子さんも、2回目は様子も解り、おうちの方が迎えに来てくれるという事がわかったからか、笑顔も見られるようになりました。むしろ、お迎えに来ても「帰らない!]💦

連絡帳にも「楽しみに来ました」と書いてくださる方も多く、ありがたいな、と。

1年間、一緒に色々な事を学ぼうね―――!

皆と一緒に、先生たちも学びの機会です!

2019年04月05日

世界自閉症啓発デー

昨日は、世界自閉症啓発デー。東京タワーも岡山城もブルーにライトアップされました。
ブルーの物を身につけて、うちの職員も、倉敷駅でのビラ配りに参加させていただきました。
今週は、啓発週間です。
星とたんぽぽの3つの柱の3つ目に「社会に正しい理解を広める」とあります。こうしてビラ配りで皆様に自閉症とは・・・を知っていただく事ももちろんですが、今年度は、岡山イオンのイエローレシート事業にも応募しています。「星とたんぽぽって、どんな事業をしているの?」「発達障害って何?」・・・皆様に関心を持っていただけることが第一歩かな?と思っています。
いずれ、ここに通っている子ども達も社会に出ていきます。その社会が理解がなければ元も子もありません。私たちができる事から、いっぽいっぽ・・・

2019年04月03日

新年度が始まりました!

今日から、新年度の始まりです!

新しいお友達も次々通ってきています。

「だいじょうぶかなぁ?」の不安もありながら、おうちの方と離れる時に寂しくて泣く子どもさんもいましたが、遊びの部屋で好きな遊びをするうちに、すっかり笑顔になり、今度は帰るのが「いや!」と・・・

卒所する時には、この一日目の事が懐かしく思い出されるんだろうな?

2019年04月01日

嬉しい贈り物

20190329_1

療育最後の子ども達やお母さんから、お手紙をいただき、ありがとうございます。一通一通心の目で読ませてもらっています。そして、昨日の贈り物の中には、お花の葉っぱに「星とたんぽぽのせんせいがた ありがとう」と、メッセージが書かれていたものもあり、感動しています✨

皆さん ありがとう・・・(あれ?画像が横向いてて直らない💦)

 

そして今日は、ちょうど一年前に卒所した子どもが、お母さんと久しぶりに遊びに来てくれました!

一年で、すごく身長も伸びて大きくなっていました。

「せんせいは、なぜ保育園の園長先生を辞めて、星とたんぽぽを開いたのですか?」

ずっと質問したかった事だそうです。 「保育園の園長先生になる人は、いっぱいいるけど。星とたんぽぽを開きたいと思ったのは、先生だけだったからよ。先生の夢だったし・・」「ふーーーん」って、頷いていました。

でも、ずっと不思議だったんだね!質問してくれてありがとう!謎が解けて、少しはスッキリしたかな?

2019年03月29日

先生たちの涙

毎日、星とたんぽぽを巣立っていく子ども達に向けて「卒所証書」と名付けたお手紙を最後のワークで担当に読んでもらっています。あなたの強み、あなたのいいところ。子ども達は、とっても真剣にその手紙を聞いています。

反省会の時に「〇〇君が、とっても真剣に、この手紙をうなづきながら最後まで聞いて、最後にニッコリ微笑んでくれました。」と涙を目に一杯浮かべて話してくれる先生たちもステキだなぁ、とこちらまで、目がウルウルしてしまいます。

子どもと一緒に、私たち職員も日々成長させてもらっていると心から感じています。

「ありがとう」を言うのは私たちの方だと思っています。

さぁ、今日も3人の子ども達が巣立っていきます。

明るい未来に向けての第一歩・・・

いっぽずつ いっぽずつ・・・ 自分の足で歩んでいけますように👣

2019年03月28日

クッキング(ピザ作り)

今年度最後のクッキングは「ピザ」

粉から混ぜて生地を作ります。(小さい2歳児、3歳児の子どもさんはピザトーストです)

手順書を見ながら、子ども同士で相談しながら・・・

「だれが、まぜる?」

「みずって、いっぺんにいれてもええん?」

「せんせいに、きく?」

「だれが、きく?」・・・             その姿が、とっても可愛くて♡

わからなかったら、聞けばいい。手伝ってもらいたかったら「てつだって」って言えばいい。

ずっと、その練習をしてきました。先生たちだって、わからない事はたくさんあるし、苦手な事だって数えきれないくらいある。そんな時は「教えて!」「手伝って」を言って助けてもらうよ。全部自分でする事が偉いんじゃなくて、こうしてわからない事は、相談したり聞いたり、手伝ってもらったりして、できることもすごい事だよ。

私たちは、このことを子ども達に伝えたかったのです。

このクッキングが最後になる5歳児も多く、正に「総合学習」

役割を分担したり、相談したり、先生に聞く役をみんなで決めたり(笑)、自分で生地が伸ばせないお友達の生地作りをしてあげたり、本当に、いい総合学習の場となりました。

自分達で生地から作ったピザの味は、格別のようです!

2019年03月27日

卒所

今日は暖かい・・・と思ったら、一気に桜🌸が咲き始めたと、お迎えのお母さんが教えて下さいました。

今週は毎日5歳児の子ども達を送る日々です。昨日一人、今日も3人の子ども達が巣立っていきました。ここで先生と一緒に学んだことは、その子の人生にとって、ほんの僅かなひと時だったかもしれません。けれど、一人ひとりの良さを誰よりも先生たちは知っているつもりです。自分に自信が無くなったら、いつでもここを訪ねてきてほしい。あなたの「良さ」について、みんな語って聞かせてあげる。あなたたちに知らせているつもりのワークが、いつの間にか自分に言い聞かせている事だったり、確認だったり、大切な事を思い出させてくれるリマインダーだったり・・・私たちも、皆と一緒に成長させてもらえる事に感謝です。

これから嬉しい事ばかりじゃないかもしれない、辛い事だってあるかも知れない。でも、それも全て意味のある事だと思います。どんな時もあなたらしさを忘れず、今生での主役のあなたが、あなたの生きたいように生きてほしいと願っています。ずっとずっと、先生たちは、あなたたちの応援団です!

 

みんなちがって みんないい

2019年03月26日

就学児懇談会

5歳児のお子さんは、本当に残すところわずかとなりました。お一人ずつ懇談会を行い、お子さんの成長したところ、強み、課題について話し合っています。

通い始めたころを振り返りながら、ずいぶん成長した事を喜び、強みやめばえを生かした具体的な支援について共通意識を深めているところです。

ここを卒所した後は、おうちの方がしっかり子どもさんの支援について引き継いでいけるように、しっかり我が子の事を理解する事が必要だと思っています。

2019年03月19日

卒園式

今日は,公立の幼稚園,こども園の卒園式。これからも明日は私立の何園かが卒園式だと聞きました。

22日には保育園の卒園式・・・

子ども達は緊張しながらも、一人ひとり卒園証書を受け取るんだろうな、と想像しています。

おめでとう!色々な思い出を、心の中の宝物として大きくなってほしいと願うばかりです。

卒園式は、何度も練習するけれど、入学式になると、ぶっつけ本番、という子ども達もいて、ドキドキすることでしょう。中には、会場が出来上がった段階で見に行く、スケジュールを前日までに教えてもらえる、という子どもさんもいて、ありがたいな、と感謝しています。先の見えない事、初めての事が不安な子ども達にとって、スケジュールを教えてもらえる。視覚的に分かりやすい設定がしてある。困った時に、どうすればよいか?がわかれば、それだけで安心できるものです。

入学だけでなく、進級や転勤で、この時期子ども達も、とても不安です。こうしたら安心♡という手だてがわかっていれば、子どもも親もホッとできますね。そんな事をご家族の方と共有したいと思っています。

2019年03月14日

サポートブック

5歳や転居などで他の事業所に移る方々のサポートブックが次々完成しています。何度か事業所と行ったり来たりしながら、今日も何人かのご家庭のサポートブックを読ませていただきました。

最初の頃と比べると、すごく整理され、わかりやすく書かれています。

子ども達が、この理解を受けて、少しでも自分が発揮できますように。そんな保護者の方の思いが伝わってきて、心がホッと温かくなりました。

3月末まで、もう数回の療育を残すばかりとなってきましたが、このバトンは確実に、ご家庭に受け継がれ子ども達の幸せの為に、内容を入れ替えて、ずっと使っていただけますように・・・願ってやみません。

2019年03月12日

CARS勉強会

今年度の職員研修の一つとして川崎医療福祉大学の小田桐早苗先生に全5回、事業所に来ていただき、CARS(小児自閉症評定尺度)の勉強をしました。難しくて最初は無口だった職員も、回を重ねるごとに自分の意見も出てきて、最後の昨日はバンバン意見が飛び交っていました。来年度は、同じく小田桐早苗先生にはPEP(自閉症・発達障害児 教育診断検査)を教えていただく予定です。

 

そして、事業所では、就学前の子どもさんの保護者の方と個別面談が行われています。子どもさんの伸びた所、強み、どんな工夫があればできやすいか?等々について話し合わせていただいています。

通所を始めたころのことを思い出して、一人ひとりの成長を話し合い、新たな課題に、どう環境を整え、工夫をしていくか?エールを送りながら話し合っています。

2019年03月06日

避難訓練

先日、大雨の避難訓練を行いました。子ども達は自分の荷物を持って、職員は、非常災害用のお菓子や飲み物、救急薬品等を持って、三階まで避難しました。幼稚園、保育園で経験のある子ども達だからか、とてもよく話を聞いて静かに避難することができました。

星とたんぽぽでは、毎月、火災、地震、津波、不審者、大雨、洪水等の避難訓練を行っています。もしもの時に慌てないよう、日頃からの訓練が大切だと思っています。来年度も、今年度の反省を生かし新たな年間の予定を組んで行いたいと思っています。

2019年03月05日

職員所内研修発表

各職員は、この一年間、自分なりの研究目標を持って過ごしてきました。そして9月の中間発表、そしてこの度の最終発表。それぞれ、家庭との連携、協働、カード交換システム(PECS)の実践、コミュニケーション、等々すばらしい発表をしてくれました。人にわかるように発表することは、子ども達の療育にも、とても有効な事です。そして、何より子ども達への愛が感じられる発表でした。職員も「大変だったけど、とても客観的に子どもを見ることができ、まとめることにより、これからの課題も明確化した」と言っていました。家庭との連携、協働の発表では、エビデンス(科学的根拠)に基づいた考察も、しっかり考えられ、別の所で発表する?と思うような発表でした☆ 職員の皆さま、お疲れさまでした。そして、これからも頑張りましょう!

2019年03月01日

第3回 親の会

2月24日に、今年度最後の「親の会」を御南西公民館で開催しました。

今回は、今年度就学を迎えた子どもさんの保護者の方にお越しいただき、就学までにしておけば良かったこと、しておいて助かった事、したけど、あまり役に立たなかった事、サポートブックを、いつ先生にお渡ししたか?支援級での過ごし方・・・等々教えていただき、皆さんメモを取りながら真剣に聞いていただきました。

また、記録を事業所に貼りだしますので、保護者の皆さま、見て下さい!

こうして、先輩の保護者の方が後に続く方のお役に立ちたい、とお話して下さる事は、星とたんぽぽにとりましても、とてもありがたい事です。今回聞かれた就学を迎える保護者の方、来年度は、ぜひ教えてあげる立場になって下さいね。ずっと、ずっと、その輪が繋がっていけば、こんなに嬉しい事はありませんもの。

 

ある一年生のお母さんが言ってくださったお言葉が、とても嬉しかったので、ここに記します。

「星とたんぽぽは、就学が来ると終わりになりますが、親としては終わりだと思っていません。事あるごとに色々な物を持っていって見てもらったり、子どもを連れて行って成長を喜んでもらったり、その中で悩みがあれば聞いてもらう。そうやって、私の中では、ずっと繋がっていきたいと思っているのです。」と・・・本当に、嬉しく思いました。私たちは、子どもさんの事を一生懸命考えて日々ワークや集いを計画します。それが、本当に良かったのか?すぐには結論は出ないと思っています。何年後?何十年後?私たちは、そんな一人ひとりの姿からフィードバックして自分たちの関わりを見つめ直さなければいけません。どうか、ここを卒所しても、子どもさんの姿を見せに、お話を聞かせに来てください。お待ちしています。

2019年02月25日

就学前個人懇談

今日は春を通り越して「暑い」日ですね。

子ども達も、「あつかった」と、車の中での様子を話してくれます。

春が来ると「花粉」の季節です。私も、今日は目がショボショボしています。皆様お気を付けくださいね!

さて、星とたんぽぽでは、就学前の保護者の方の個人懇談会を順番にしているところです。

子どもさんの大きくなったところ、学校に行くのに準備しておく事、サポートブックの進み具合、心配な事、等々お聞きします。どうぞよろしくお願いいたします。

2019年02月20日

春ですね🌸

備前平野に春を呼ぶ「西大寺会陽」も終わり、いよいよ春がやってきます!

5歳児の保護者の方は、新しい生活でも皆さんに理解していただけるよう「サポートブック」の作成が大詰めです。子どもさんの事を実際こうして文章にすることで、より理解ができたり、まとめることで改めて「そっかーーー」と気づいたり・・・後もう少し、頑張りましょう!

そして、今度の日曜日は、今年度最後の「親の会」です。先輩のおうちの方からお話をお聴きする事の出来るよい機会です!星とたんぽぽの保護者の方、どんどんお集まり下さい!

2019年02月18日

今月のクッキングは「蒸しパン」

今月のクッキングは、ホットケーキミックスを使っての「蒸しパン」

電子レンジで簡単にできます!

子ども達には、支援書を見て「自分で作る」がねらいです。

わからないところは聞いて、一人で難しいところは手伝ってもらって・・・

決して一人で全部作る、という事ではなく、わからないところを聞ける、手伝って欲しい事を発信する事も大切な事だと思っています。

2019年02月14日

5年ぶりの積雪

昨日は、朝起きてビックリ!一面雪景色⛄子ども達は、大喜びだったのではないでしょうか?5年ぶりと言いますから、こんなに積もるのは初めて!というお子さんも多かったことでしょう。雪だるまは作りましたか?・・・ 去年の夏は「かめむし」が多かったので「積もりますよ!」とディーラーから言われて、スタッドレスタイヤを新しくしていて、良かったです✨

しかし、内心『あぁ、平日でなくてよかった・・・』と思ったのも正直なところです。   星とたんぽぽには遠くから通ってくださっている方が大勢います。とにかく安全に事故なく通っていただきたいからです。

今朝は、もうすっかり溶けて、いつもの景色に戻っていましたね。来週は春のような陽気らしいですよ!🌸梅の花も、たくさん咲いてポカポカ春が来るのを待つばかり・・・

けれど、5歳児さんはもうすぐ卒所です。寂しいけれど、新しい生活に期待をもって・・・頑張ろう!

2019年02月12日

通所の空き、いっぱいになりました

インフルエンザ等で、急遽、お休みの所に療育に入っていただいたり変更をお願いして、申し訳ありませんでした。インフルエンザも落ち着いてきたようで、従来の療育の曜日で行えるようになっています。ご協力ありがとうございました。

2019年02月12日

通所の空きが出ています

本人やご家族のインフルエンザ、感染性胃腸炎等で、急にお休みする子どもが増えてきたので、療育の空きが、いくらか出ています。契約されている方で、もう少し通いたいと思われてる方、ご連絡ください。お待ちしています。

2019年02月06日

インフルエンザが流行っています

事業所に通う子ども達や、ご家族の中で、インフルエンザが大流行。皆様、うがい、手洗い、マスク着用等で予防に努めて下さいね。不要の外出も控えた方がいいかもしれません。栄養、睡眠を十分にとって、かからないようにお祈りいたします。事業所でも、換気、消毒等を毎日行っております。

尚、万が一、かかってしまった方については治癒証明がもらえるまで、事業所の方はお休みをしていただかないといけません。どうぞ、お大事に・・・元気になって、また来れる日を楽しみにしています。

2019年02月04日

避難訓練

星とたんぽぽでは、毎月避難訓練をしています。火事、地震、洪水、津波、台風、不審者・・・年間行事を立てて行っています。今の時代、本当に何があるかわかりません。子ども達の大切な「命」を守るために真剣に取り組みます。

2019年01月29日

今月はクッキングで🍙

毎月クッキングを楽しみにしている子ども達。今月は「おにぎり」です。

具は、鮭、昆布、梅、海苔の佃煮の中から好きな物を一つ選びます。支援ツールを見ながらひとりでできたよ!自分で作ったものは、おいしさも格別!!

お家でも作ってみてねーーーー!

2019年01月28日

人が支え合うという事

星とたんぽぽ3回目の親の会を2月24日に開催する事になりました。今回は、去年卒所された保護者の方をお呼びして、学校の事や、それに至る準備についてお話をお伺いしたいと思っています。

私たちが、子ども達の為に、と思ってしてきた事が本当に良かったのか、別の方法があったのか・・・?実際に経験された方々のお話をお聴きするのは、とても有効だと思っています。

こうして、先輩になったおうちの方が、次の方に知らせ繋いでいく。これが大切だと思います。人は支えられ、そして支えているのだと実感してほしいと思っています。子ども達にも「教えて下さい」「手伝って下さい」を教えているように、私たちも、教え合い、助け合っていくのだと思っています。

2019年01月21日

冷たーーーい!

今日も一日真夏を思わせるような暑さでしたね!

おやつの時間に、氷を洗い桶に出して、思い切り支援者が手を冷やして、子ども達と握手をしました。

「つめたーーーーい!」「きもちいい~!」思わず子ども達から言葉が出ます。

子ども達は思い切り笑顔((´∀`)) 

 

来週は、クッキング週間です。星とたんぽぽでは、身近な道具の使い方を知る、という事に重点を置いています。今月は「トースト」オーブントースターの使い方、バターナイフの使い方に慣れます。

バターとジャムの選択をしようと思っています。支援者は、ほとんど入らず、支援ツールでしてみようと思っています。またご報告します!

2018年05月16日

ゴールデンウィーク

ゴールデンウィークの中休み。今日も子ども達は元気に通ってきています。が・・・中には体調を崩しているお子さんも。

今日のように真夏を思い出させるような日もあるかと思えば、朝晩は、けっこう涼しく、新しい生活になって一か月。慣れたような、ホッとしたら疲れが出たような・・・

皆さま、ご自愛くださいませ。

さぁ、明日は、ある保育園にお邪魔して勉強会。私が保育園にいた頃の仲間から「職員が、すごく悩んでいます」と連絡がきたので、「よし!ボランティアで駆けつけるぞーーーー!」と・・・

子ども達の為に一生懸命頑張ろう!としてくださっている方々を応援したいのです!頑張ります!

そして、子ども達が通っている幼稚園、保育園訪問が始まります。事業所でできるのは当たり前。それを集団の中にお返しするためのヒントをもらってくるつもりです。

2018年05月01日

土曜日営業3回目

今年度から土曜日が営業となって、今日で3回目です。

段々通ってくる子ども達の数も増えて大賑わい。

それにしても、事業所の周りは、いつも静かです。

平日は、まだ近くの保育園さんから子ども達の声が聞こえてきますが、土曜日は特に静か・・・

星とたんぽぽの声がご近所にも聞こえているかも・・・

すみません、賑やかで<(_ _)>

2018年04月21日

来週は、クッキング週間

来週は、今年度初のクッキング週間です。今回は、フルー〇ェ。

去年はおにぎり、サンドイッチ、ホットケーキ、かき氷、スイートポテト、クッキー、豆腐入りお月見団子

を作りました。

子ども達のキラキラした瞳が、とても印象的です✨

今年も、ミックスジュース作ろう!うどんもこねたいね!カレーもいいんじゃない?と話しています。子ども達が支援書を見ながら、自分で作り、作ることが「楽しい!」と思ってもらえるように、自分で作ったものはおいしい!と感じてもらえるように、企画したいと思います。

2018年04月20日

暖かく、いえ暑くなってきました

事業所はマンションの2階にあります。入口のドアと、向かいのリビングの窓を開けていると、心地よい風が吹き抜けていきます。

ついこの前まで「さむっ」と締め切っていましたが、今は、この風が、とっても気持ちいいです。通ってこられる子どもさんも半袖を着ていたり(笑)

ずっと中にいると、なかなか外の気温まで感じることはできませんが、こんなにお天気がいいと、どこかにお出かけしたくなりますね!

2018年04月20日

遊びに来てくれる小学生

連日、小学生になった子ども達が制服姿を見せに来てくれます!今日は、女の子二人。

少し大きめの制服ですが、ピカピカで、はにかんで、とってもかわいい♡

「お勉強、楽しい!」と、嬉しそうな自信に満ちた顔を嬉しい気持ちで見つめています。

2週間で、こんなにもお姉ちゃんになるのね!とビックリです。

また遊びに来てね!

2018年04月17日

指導を受けました

金曜日には、川崎医療福祉大学の諏訪先生が事業所に来てくださって、子ども達の中に入り、一緒に遊んでくださったり、ワークに向かう時期を「今」と教えて下さったり、途切れないワークの仕方等、本当に勉強になりました。また、コミュニケーションサンプルの記録の仕方や、PECS等、私たちが疑問に思っている事に即お答えいただき、職員一同「ホーーーッ」と納得しました。

2018年04月16日

入学式

今日は入学式。ピカピカの制服とランドセルを見せに、数名の子ども達が来てくれました!

小学生だぁ!!

ちょっとはにかみながら、ランドセルの開け方を教えてくれたり、背負って見せてくれたり・・・巣立っていって10日あまり。とっても大きくなってたくましさを感じました。おめでとう!!

また遊びに来てね!

2018年04月12日

明日は入学式

明日は、巣立っていった子ども達の入学式です。お天気はいいようで「よかった♡」と安心しています。

入学式終わった後、顔見せに来てくれるかな?・・・ちょっと楽しみ、ウキウキです。

何も用事入れずに、待ってるよ!

2018年04月11日

1週間が過ぎました。

ブログの開き方がわからなくなってしまいましたが、やっとわかりました。
4月も1週間が過ぎ、新しく入所してくる子ども達も笑顔で来てくれるようになりました。
そして、昨日は3月まで来ていた1年生になる子ども達が来ました。1週間、会わなかっただけで大きくなった様に感じました。

星とたんぽぽに通っていたことを懐かしがってくれる子ども達や保護者の方に支えられ、星とたんぽぽ、2年目も皆さんと一緒に一歩、一歩前進してまいります!

 

2018年04月10日

今日から・・・

こんにちは。ブログ担当のMです。

星とたんぽぽの近況をお知らせします。

毎日できるように頑張ります。

よろしくお願いします。

2018年03月27日