卒所児保護者面談

今週から、卒所する子どもたちの保護者の方々との最後の面談が始まりました。

長い人は4年、本当に遠くの人もいましたが、よく通ってくれました。

月日の経つのは、とても早いものです。今年度は、19人の子どもたちが星とたんぽぽを巣立っていきます。お母さん方と、子どもたちの入所した時からのお話をする中で、一人ひとりが本当に大きくなったのを感じ、一緒に涙してしまうこともあります💧

ここを巣立っていく子ども達が、なりたい大人になって、豊かに日々の生活を送れますように・・・と願うばかりです。

お家の方からは「とても喜んで、子どもたちが通えたことが、何よりも良かった!」と言っていただき、本当に良かった!と思っています。

一人ひとりの課題はありますが、これからは、お家の方が主体となって、その課題に向かうことができますように・・・私たちもあと1か月少し、できる限りのことをして、繋いで送り出したいと思っています。

2021年02月19日