星とたんぽぽ新型コロナウィルスの対応

3月2日から小中高校の休校要請が政府の方針として出されました。

児童発達支援事業所 星とたんぽぽでは、通常通り開所しておりますが、下記の事項をお読みいただき、何よりも子ども達の、安全、健康に努めてまいりたいと思いますので、ご協力をよろしくお願いいたします。

                      記

・子どもさんの調子が悪いと思われる時にはお休みをしてください。(熱、咳などの風邪症状、元気がない、食欲がない 等)

・玄関で、検温していただきます。37.5℃以上ある時は、その日の療育はできません。

・保護者の方も、玄関で手指の消毒をしてください。

・できるだけ、マスクをしてきてください。(感覚的に過敏なお子さんもいますので強制ではありません。どうしてもできない時には無理をせず、マスクをお持ちください)

・事業所では、できるだけ子ども達が一緒にならないよう、部屋を分ける等、距離を置くよう努力をしてまいります。この時期「プレイ」や「運動」「先生と遊び」等で友達との関わりの中で学ぶ機会が少なくなることをご理解ください。また、毎日の報告に、子どもさんが同席する場合がありますが、子ども達を分ける、という配慮の為です。どうぞご理解ください。今後の動向により、療育時間の時間差等考慮しなくてはいけない時には直接お願いをしますので、よろしくお願いいたします。

・事業所では、消毒、換気等に努めてまいります。

・何か、気になる事、不明点等ありましたら直接お尋ねください。